院長ブログ

開院6周年

本日(10月15日)、開院6周年を迎えました。

 6年前、わからない事ばかりの中、手探り状態で開院し、来院される多くの皆様のために安心・信頼・癒やしの医療を目指しスタッフとともに日々工夫と改良を重ねてまいりした。

 こうして無事に7年目を迎えられるのも、当院に来院していただく皆様をはじめ、お世話になっている業者の方々、そして何よりもいつも当院を支えてくれているスタッフ、全ての方々に心より感謝いたします。

 7年目に突入し、人間の年齢で言えば、ピカピカの小学校1年生です。

まだまだ反省すべき事、改善すべき事が多くあり、これからもスタッフとともに切磋琢磨し、現状に満足せず、さらなる成長を目指して頑張ってまいります。

 これからも、かい外科整形外科スポーツ・リハビリテーションクリニックを宜しくお願いいたします。

院長 甲斐史朗

DSC_0832a

投稿日時:2019.10.15(火) 02:25:38

10月9日、スタッフ研修

当院はもうすぐ開院して丸6年が経とうとしております。

毎日診療していると色々と問題が生じてきます。

医事課、看護部、リハビリ科、放射線科と各々に生じた問題を早急に解決するように心がけています。

しかしながら、その全てを解決できない事があります。

例えば、1日に5つの問題が生じたとすると、トリアージ(選別)を行い、最も早急に対応すべき物から解決していきます。

それがいくつか残ると後回しになすます。そうなると次にそれを上回る問題が生じてしまい、さらに後回しになります。

そのような事が6年もなると「塵も積もれば山となる」でいのまにか処理できなくなってきます。

普段の忙しい仕事の中で私と各部署の主任とは合間に話したりはするのですが、どうしてもスタッフ全員がまとまって話し合う機会を作る事ができずにいました。

そこで、思い切って診察日を休診とし、その大切な時間をスタッフ研修にあててみようと試みました。

部署ごとに解決すべき問題点を挙げてもらい、その後は私と伊豆マネージャーとで各部署全員と話し合う事ができ、とても有意義な時間だったと思います。

これを機に7年目に向けてスタッフ全員が同じベクトルに向かえればと思っております。

DSC_0828a DSC_0825

投稿日時:2019.10.15(火) 02:22:08

9月25日、素晴らしい講習会でした

本日は、JISS(国立スポーツ科学センター)より最前線で活動されている沼田先生に当院にて講演頂きました。

参加者は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、アスレチックトレーナー、そして九州保健福祉大学の学生も含め30数名の方々に参加して頂きました。

来年のオリンピックに向けての選手サポート体制のお話、そして実際に行っているトレーニングを直接指導して頂くという参加者にとっては凄く刺激ある内容でした。

これを機に各々のスポーツ関係者が1つとなり同じ方向に向かうことで少しでもスポーツ傷害がなくなることを願うばかりです。

沼田先生ありがとうございました。

また、参加した皆様、お疲れ様でした。

thumbnail_IMG_7509 thumbnail_IMG_7514

 

thumbnail_IMG_7506

投稿日時:2019.09.27(金) 02:19:38

座らない、座れない。

連休明けということもありどこの医療施設も多くの患者さんが来られていることでしょう。

当院も本当に多くの方々に来院していただいております。

私の診療は、ほぼ立って行うスタイルです。

診察室3部屋、そして処置室とそれぞれ4人の医療クラークを配置し、患者さんを各部屋に案内したところを私が順に駆け回る診療を行っております。

なので、

座るのは最初に患者さんに挨拶をする数十秒のみで、その後はすぐに診察のために立ち上がります。

それが終わると次の部屋へ私が移動するという流れです。

果たしてこのやり方が正しいものなのかは分かりません。

しかし、こうでもしないと1日数百人の患者さんを診療時間内に診察する事は不可能です。

だからと言って患者さんの訴えを聞くことや病状の説明をおろそかにしたくはありません。

患者さんが新たに別なところが痛いと訴えればきちんと診察しますし、前回診察時に説明をした内容を覚えておられなければもう一度説明します。

とにかく、

朝から夜まで動き回り話しまくります。

例えば17日のスケジュールは

6:00~8:00  書類作成

9:00~10:30 九州保健福祉大学にて講義

11:00~12:00 和田病院にて回診

12:00~12:30 当院にてリハビリカンファ

12:30~13:00 書類&カルテ確認

13:00~13:15 昼食

13:20~13:30 製薬会社や保険会社の方との面談

13:30~17:50 診療

17:50~~17:55 夕食

18:00~20:00 診療

20:00~22:00 カルテ整理&書類確認

1日で食事の時間を含めての休憩は20分...

本日(19日)にいたっては、

13:30~20:30まで7時間は全く休憩なしの診療でした。

1日300人以上を診療最終受付時間から1時間以内で終わらすことが出来るのは職員がテキパキと仕事をこなしてくれるからです。

本日も朝から晩までしゃべりまくりました。

それでも自宅に帰ると、家族から家にいるときぐらいはしゃべらなくていいんじゃないのと言われてます。

そんなにおしゃべりだっけ??

自覚症状なしです(恐)

診察が終わりと直ぐに書類の作成(紹介状、保険会社、労災、交通事故、地域包括ケア、リハビリ、デイケア)にかかります。

患者さんが多くなれば書類も増えます。

1日の書類作成を怠ると机の上が書類まみれになるため、その日の書類は翌日までに全て終わらせるようにしています。

ただいま0時前...

一緒に働いてくれる患者さん思いの整形外科の先生、ただいま募集中です(笑)

投稿日時:2019.09.20(金) 05:11:43

8月3日、無事終了

50時間のそれは長い長い講習がやっと終了しました。

今まで、人生の中でここまで拘束された記憶はありません。

多分、他の先生方も同意見だと思います。

さすがに、今朝の参加者の顔をみると疲労感が漂いまくりでした。

最後の講話が終わったとたん、その雰囲気は一変し、

「やっと終わったぁ」と多くの声が会場内に響き渡っていました。

体力的というより、缶詰状態による精神的ストレスの方が強かったですね。

最初は1週間もつかなと不安なところもありましたが、終わってみれば、参加して本当によかったと思っております。

これからの医師としての人生を改めて考えさせられました。

宮崎に戻ってきてからは、整形外科だけではなく、内科医のように小学校の検診で聴診器をあてたり(救命救急時代の経験が活かされてます)、まだこれからですが産業医では臨床医とは全く異なる仕事をしたりと医療の奥深さや幅広さをつくづく痛感しております。これは良かれ悪しかれ地域医療に携わっている者しか分からないことです。

多少なりとも地元には貢献できているかなとは自負しておりますが、私が目標としている地域医療への貢献にはまだまだ達しておりません。

焦らず、じっくり、ゆっくり進めてまいります。

 

投稿日時:2019.08.03(土) 21:30:31

8月2日、ラスト1日

産業医の講習会も本日で5日経ちいよいよ明日が最終日となりました。

朝から夜の20時まで缶詰状態で全国から約500人の医師達が参加しております。

参加者は都道府県別で東京、大阪、兵庫、神奈川、北海道の順で多く、宮崎からは5名のみ。

専門科では、内科、精神科が多くを占め、整形外科は10名と寂しい限りです。

ところで皆さんは産業医ってご存じでしょうか?

簡単に言えば、企業で働く労働者の健康と安全を守ったり、作業環境を整えたりする医師の事です。

私自身、この講習会に参加して産業医の仕事がここまで多くあるとは思ってもいませんでした。

完全になめきってました。

講義内容はというと、普通の講話もあれば、自身の体力測定や周囲の騒音測定などの実習もあります。

昨日は、他の先生方と班を作り、討論を行う実習もありました。

いくつかの議題を与えられ、それについて各班で話し合いその班の代表が発表します。

(皆さん、普段から第一線で働いている方々なので意見が飛び交う飛び交う。私もかなり意見しましたが笑)

私の班は、精神科医、内科医、耳鼻咽喉科医、産婦人科医、そして整形外科医と偶然にも分かれおり、他科の先生方とこうして話し合う事などないため、このようなディスカッションは本当に新鮮です。

新しい事を学ぶことが出来て、それが地元のためになるかと思うと

 

なんか凄く楽しい!!

 

私自身、着実にブラッシュアップしております。

残り1日、気を抜かず頑張ります。

 

 

 

投稿日時:2019.08.03(土) 08:10:56

最高の心遣い

平成29年7月13日付西日本新聞にて記者の方が書かれた記事を抜粋しました。

 

半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。

男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。

遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。

「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」

搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。

男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。

飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。

「最後に2人でいい“旅行”ができた」と男性。

その表情を見ていたら、こちらも温かい気持ちになった。

 

とても心温まるエピソードですね。

このような対応は決して上からの指示のみでできるものではありません。

この客室乗務員が自信の判断で、妻を亡くした夫の心情を考えた中での心遣いだったと思います。

最近の日本社会では忘れかけられているものかもしれませんね。

相手の事を思った究極の心遣い。

決して我々が決して忘れてはいけないものです。

投稿日時:2019.08.01(木) 08:02:16

7月28日、ようこそ日向市へ

本日は、朝から高校総体(女子ソフトボール)の大会ドクターの仕事でした。

日向市には北海道から沖縄の代表計48チームが集合しております。

全国の高校生の皆さん、ようこそ日向市へ、そしてこんなに暑くてすいません。

炎天下で熱戦を繰り広げている高校生達の姿を見ると羨ましく思えます。

大会サイドも選手の体調を考え、試合途中に給水タイムも設けて熱中症対策を行っておりましたが、それでも次から次へと熱中症の選手が運ばれ、救急搬送者も出てしました。

熱中症の選手達をみていると、数日前から体調が優れず朝食を摂っていなかった者、前日に緊張のため眠れず睡眠不足だった者など体調管理が不十分だったことが原因だったようです。

よりによって、試合期間中は例年より気温が高いようなので、選手の皆さん、そして保護者の方々も十分な体調管理を行って下さい。

夕方で無事に仕事を終えると、すぐに電車に飛び乗り北九州へ。

明日からの1週間、整形外科外来を休診とし迷惑をおかけします。

投稿日時:2019.07.31(水) 03:45:23

またまた、学会。そして休診のお詫び。

7/7は名古屋で開催された超音波学会に参加してきました。

これで、ここ1か月間、丸々1日休めた日は0日。

己の診断能力を上げていくためにと自分自身に発破を掛けております。

話は変わりますが、7/28~8/3まで産業医講習会参加のため、私の外来はお休みとなります。

7/28~8/1は整形外科は休診、8/2~3は野原医師の代診となります。

毎日、朝9時から20時まで講習を受けるようです、、、(恐)

これも地域企業(産業医)のためと思っております。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解の程よろしくお願い致します。

投稿日時:2019.07.09(火) 21:50:20

名言

出来ない理由を忙しさのせいにした時

心がなくなる

出来ない理由を歳のせいにした時

人は老いる

出来ない理由を誰かのせいにした時

自分が分からなくなる

何かのせいにした言い訳が全部自分に返ってくる

出来ない理由を自分のせいにした時

出来る自分が返ってくる

 

ある主婦がTwitterで投稿したものです。

人の感情の真髄をついた名言。

心に響き渡ります。

 

 

投稿日時:2019.07.04(木) 04:20:34

最新記事

月別アーカイブ

受付時間【午前】8:30~11:30【午後】14:00~17:00【夜間】18:00~19:30【休診】日曜・祝日・祭日
※土曜日は午前のみの診療となります
※夜間は火・木のみ診療となります
※毎月第二土曜日は、整形外科は
休診となります
※内科は木曜の午前のみの診療となります
※午後の初診の方は16:30までの受付となります
※外科については再診のみで新患は受け付けておりません。
スタッフ募集中